近年、子供の肥満が増えており、30年ほど前と比べると、男子で3倍、女子で2倍にまで増加しているそうです。子供の肥満も、高脂血症や動脈硬化、高血圧などの生活習慣病になる可能性があるので、注意しましょう。子供の肥満の原因は、大きく分けると、生まれたときからの遺伝子が原因の肥満と生活環境が原因の肥満の2つのタイプがあります。子供の肥満の7割が、生活習慣の乱れからきているものだといわれています。そして、残りの3割が、遺伝による太りやすい体質ということになります。肥満は、体に脂肪分が蓄積されることで起こるため、原因として考えられるのは、食事の内容や食事の取り方などによるエネルギーの摂りすぎと運動不足による消費するエネルギーの少なさがあげられます。最近は、手軽に食べられるジャンクフードをはじめとして、インスタント食品やスナック菓子のような高カロリーで栄養価の低い食品が多く存在しています。おいしくて手軽に食べられる、このような食品が子供の肥満を招く環境を作ってしまっているということです。また、交通機関の発達や、住宅の高層化によって、子供が日常生活で運動する環境が減ってきています。子供の遊びもテレビゲームなど、室内で出来る遊びが中心となっていることも、肥満の子供が増えた原因であると言えます。遺伝が原因で太りやすいのはどうしようもありませんが、太りやすい体質であることに加えて、運動不足や悪い生活習慣が加わることで、肥満になりやすくなってしまいます。とはいえ、少し意識することで予防することも十分に可能です。規則正しくバランスのとれた食事をしっかりと3食摂取し、できるだけ屋外で体を使って遊ばせてあげましょう。